【HPサーバ】iLo 5のIPアドレスとかユーザーの設定方法【備忘録】

自作PC
スポンサーリンク

 

今週くそ忙しくて全然更新できなかったのですが、

「サーバ6台ぐらい作っといて~。あ、設計からね」

とかいうクソオーダーを受けたことが大きな要因です。

 

しかも、今まで触ったことのないHPのサーバ(最近は仮想環境しか触らんし・・・)だったので、バーチャルコンソール接続をするのにも一苦労でした。

 

まあ、せっかく身に着けた知識なので、忘れないように備忘録として記しておきます。

 

スポンサーリンク

iLo 5 セットアップ

iLoの静的IPアドレスの設定

コンソール接続するにも、ハードウェアの状態を確認するにも、まずはiLoに接続できないとお話になりません。

というわけで、その設定です。

デフォルトではDHCPになっているので、DHCPをしゃべれるサーバ(PC?)をiLoに接続してあげると勝手にIPを振ってくれるのですが、基本的にはstaticだよね。

というわけで設定方法です。

 

System Utilitiesに入る

サーバの電源を入れるとこんな画面が出てきます。

このサーバではF9でSystem Utilitiesに入れるようなので、F9を押下。

 

静的IPアドレスの設定

System Utilitiesに入ると、こんな感じの画面が出力されます。

最初は英語で表示されていたので、「言語を選択」の部分で日本語に変えておきましょう。

おそらく一番上に「システム構成」という項目があるので、そこを選択してEnter

 

iLo 5構成ユーティリティ」を選択してEnter

 

ネットワークオプション」を選択してEnter

 

DHCP有効」の設定をオフにすると、静的なIPアドレスが設定できるようになります。

赤枠の「IPアドレス」「サブネットマスク」「ゲートウェイIPアドレス」を入力します。

また、IPアドレスの設定はサーバの再起動を実施しないと反映されないため、一回再起動しておきましょう。

他の設定もいじりたい場合は後でも良いです。

 

ユーザーの追加

iLo 5にはデフォルトのユーザーが用意されているようなのですが(おそらくAdministrator)、触る人によって権限を変えたり、触った人が分かるように個別にユーザーを作るのがポリシー。

というか、どの企業もそうだよね?

なので、ついでにユーザーも作成します。

 

システム構成」→「iLo 5構成ユーティリティ」に移動して、「ユーザー管理」を選択してEnter

 

「ユーザーの追加」を選択してEnter

 

権限の設定とかもろもろして、下のほうの「新しいユーザー名」「ログイン名」「パスワード」を入力します。

新しいユーザー名」「ログイン名」は同じで良いと思います。

設定が完了したら保存しておきましょう。

 

まとめ

  • 仮想って楽なんだなあ

久しぶり(新入社員ぶり?)に物理サーバを構築したのでめっちゃ苦労したのですが、久しぶりにいじると楽しいですね。

まあ、そのせいで残業がやあばいことになっているのですが・・・

他の案件も炎上してるしなあ・・・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました