【2019年版】予算20万でゲーミングPCを自作する(2)

自作PC
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回のあらすじ

 

というわけで、続きを書いていこうと思います。

前回、メインパーツは全て紹介したので、残りはこまごまとしたものです。

ので、正直ここからは個々人の好みの部分が大きくなると思いますが、まあそれでも折角選定したんだから紹介していきます。

 

パーツ選定(続き)

PCケース

Versa H26

コスパの良いオススメPCケースです。

実際に自分も使っています。

クリアケースは人によっては避けられるものですが、中の汚れ具合をケースを開けずともチェックできるのは結構楽だったり。

ちらっと見て汚れてきたな、と思ったらパネルを開けてエアダスターすればいいですからね。

あと、裏配線用のスペースもあるので、配線をきれいに見せれるのはGOOD。

配線が汚いとエアフロ―も悪くなって空冷効率が落ちますからね。重要です。

THERMALTAKE サーマルテイク Versa H26 Black /w casefan CA-1J5-00M1WN-01[CA1J500M1WN01]
created by Rinker

 

光学ドライブ

ASUS DRW-24D5MT

DVD-Rが読めれば一番安いやつでOK。

なんなら外付けでもOK。

正直、最近はCDを取り込んだりしないのであれば光学ドライブなんて使いません。

ゲームのインストールも全部ダウンロードだしね。

ただ、ドライバをインストールしたりするときに必要になるので、一応安いやつはつけておくと何かと便利です。

ジャンク屋行って安いやつでいいと思いますが、一応Amazonでの最安を紹介しておきます。

DRW-24D5MT エイスース 内蔵型DVDドライブ
created by Rinker

 

CPUグリス

MX-4

私愛用グリス。多分大学生の時から愛用してます。

基本的にグリスは塗りやすくて評判が良ければ何でもよいと思っています。

液体金属グリスはちょっと怖いですけどね・・・塗ミスが・・・

親和産業 MX-4/4g 熱伝導グリス(4g入り)【メール便対応】
created by Rinker

 

あと、最近ちょっと気になっているのが「熊グリス」と言われているもの。

よく冷えるらしく、評判もかなり良いです。

取りあえずCPUグリスは上記2つのどちらかを買っておけば問題ないはず。

CPUクーラーとかに付随しているグリスはあんまり使ったことないですけど、熱伝導率どうなんでしょうね?

割と掘り出し物とかあったりするんでしょうか。

【ポイント5倍】Thermal Grizzly CPUグリス オーバークロック用特別設計高性能熱伝導グリス Hydronaut 1g
created by Rinker

 

OS(オペレーションシステム)

Windows10 Home 64bit

当然ですが、OSがないとPCは組み立ててもただのオブジェクトです。

※BIOSで遊ぶ人は別

よってOSを選定するのですが、まあゲームするならWindows一択でしょう。

Windows7のサポートは切れるので、現状Windows10一択です。

Windows8?そんなものはなかった

Proにすると、リモートデスクトップ機能が付いていたりしますが、一般家庭用PCには不要でしょう。

また、DSP版であればパッケージ版よりも5000円ほど安く買えるので、そちらをオススメします。

DSP版とはなんぞや?って人はGoogleって下さい。

 

ディスプレイ

VX2458-MHD-7

ゲーミングモニタの条件としては、

垂直144Hz

低遅延(3ms以内)

が望ましいです。

んで、価格comで漁ってたらこんなのが出てきました。

正直全然使ったことないメーカーなのですが、一応上記2つの条件を満たしつつ、価格comで2万円切り。

怪しいけど、まあ安いしってことでご紹介です。

ちなみに私は安定のBENQ。でも4万ぐらいするんだよなあ・・・

予算的に厳しい・・・。

ちなみに価格comのページはこちら

 

マウス

Logitech G502 HERO

紹介しといてなんですが、

マウスとキーボードは実際に店舗に行って自分で決めろ!!!

これに限ります。

使用感は人それぞれなので、自分に合ったマウスは自分にしか分かりません。

ので、実際に店に行って使ってみるのが一番です。

それを承知で紹介すると、このG502はチルトホイール機能も付いており、重さも自分に合っていて使いやすいと感じたマウスでした。

というか、私はメインウエポン、サブウエポン切り替えをチルトの右左に割り当てているので、チルトホイール機能がないマウスは選定外なのです。

その機能がいらないって人は選択の幅がかなり広がると思います。

Logitech G502 Proteus スペクトル RGB Tunable Gaming マウス, 12,000 DPI On-The-フライ DPI Shifting, パーソナライズ Weight and Balance Tuning with (5) 3.6g Weights, 11 プログラム ボタン (海外取寄せ品)
created by Rinker

 

キーボード

EZONTEQ 有線キーボード

これも自分に合ったキーボードを。

と言いつつ、正直キーボードはWASDの同時押下ができるものであれば何でもよいと思っています。

特に初心者PCゲーマーであれば、最初は安くとっつきやすいものから選定すればよいかと。

最初から高いのを買って、そもそもPCゲームが自分に合わないからやめた、ってなったら勿体ないですしね。

というわけで、手ごろでAmazonの評価がそこそこ高いやつを見つけてみました。

正直光らなくっても良いと思いますが、最近のものってめっちゃ光るんですよね・・・。

 

価格まとめ

では、これで予算内に収まっているのでしょうか?

というわけで価格はこちら。

パーツ 品名 価格
CPU Core i5 9600K ¥31,454
メモリ CMK16GX4M2A2666C16 ¥10,534
SSD SSD 660p SSDPEKNW512G8XT ¥8,617
HDD ST2000DM005 ¥5,594
マザボ Z390-A PRO ¥11,536
GPU GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G ¥38,120
CPUクーラー 虎徹 MarkII SCKTT-2000 ¥3,132
電源 TR2 600W V2 GOLD PS-TR2-0600NPCGJP-G-V2 ¥7,214
OS Windows10 home ¥12,980
PCケース Versa H26 Black /w casefan CA-1J5-00M1WN-01 ¥4,163
光学ドライブ DRW-24D5MT ¥1,887
グリス MX-4 ¥1,070
その他ケーブルとか ¥2,000
ディスプレイ HP 24fw 価格.com限定モデル ¥19,980
マウス G403 Prodigy Gaming Mouse ¥7,948
キーボード EZONTEQ 有線キーボード ¥2,699
¥168,928

※5月3日時点の価格comでの最安値計算です。

はい!予算内!

え、無理やり感ある?知らんなあ

ちなみにあと3万円ぐらい余裕があるので、もうちょっとスペックの高いPCが欲しかったら、RTX2060を検討したり、9700Kを検討したりするとよいかもです。

9700Kにする場合はCPUクーラーもちょっといいやつにしたほうがいいですね。

ちょっと熱が心配です。

 

というわけで選定が終わりました。

これを知人に押し付け紹介してあげようと思います。

次の記事は「(知人が)予算20万円でPCを自作してみた実践編」になる予定です。

 

それでは!

 

 

ちゃんと買えよ?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました