【ゼノンザード】『BEYOND』リリース前最後?RARE 7種類が公開される

ゼノンザード
スポンサーリンク

 

公式から一気に7枚のカードが公開されました。

おそらくリリース前最後?(もしくはもう1回ぐらいあるかも?)のカード紹介になると思われます。

全てRAREのカードなので、派手さのあるカードはありませんが、いい感じにデッキに収まるカードがあるかもしれません。

枚数が多いので巻きで紹介していきます。

 

スポンサーリンク

新カード紹介

フレイムカーマン

2/300/1の標準スタッツに、おまけとしてちょっとしたBPパンプ効果がついているカード。

基本的なスタッツは搭載しており、そして赤の2コストミニオンは癖が強いカードが多いので、安定性の高い2コストが欲しい場合はこのカードが採用されてくるでしょう。

また、種族がビーストなので《「五幻獣」麒麟》との組み合わせもよいですし、標準スタッツがある時点で全く採用されない、みたいなことはないでしょう。

2/300/1が欲しくて、ゴーレムじゃなければ嫌!という理由がなければ《ゴレイム「タイプ:ドリル」》よりもこちらが優先されるでしょう。

 

アルダープ

BEYONDに収録されているデミゴッドとシナジーのあるミニオンの黄色版。

デミゴッドがないと《チータイラ》の下位互換ですが、デミゴッドが存在するとBP500でカウンターできるようになります。

このカードがプレイできる3ターン目までで召喚できるデミゴッドは《「箱を抱く者」パンドリア》のみであり、そのカードもフィールドにいることによるバリューは全くないので、このカードがBP500で利用できるのはおそらく後半になるでしょう。

正直後半にBP500は貧弱すぎるので微妙ですが、このカード(というかデミゴッドシナジーカード)の偉いところが、DPもプラスされること。

後半にDP2で殴りに行けるようになるので、序盤に強い《チータイラ》か、後半に殴り性能の高い《アルダープ》か。

デミゴッドを使うデッキなのであれば、あとは好みの問題になるでしょう。

 

キューブロップ

デミゴッドとシナジーのあるミニオンの1枚。

【奪命】を持っており、デミゴッドがいなくても最低限の仕事をすることと、条件を満たすとDP3という4コストにあるまじき打点を持って殴りに行けるのが強みです。

というか、DP3になるの偉すぎる。

キマイラやフェニックスはこのカードの一撃で破壊できるし、ブロックしようとしても【奪命】により確実に1体ミニオンを持っていかれる。

カードの効果とDPの高さがかみ合った良いカードだと思います。

ミッドレンジ系の紫デッキには投入検討されるでしょう。

 

モルフェオ「スカーレル」

《デメテーの村娘》シナジーの増員です。

モルフェオは基本的にかわいい女の子の姿なので目に優しいですね。

しかし効果はかなり限定的な「自分のマナフェイズ」となっており、他のシナジーカードと比べると発動機会はかなり少なく感じます。

一応効果を1回発動できればアドバンテージは取り返せることはできるものの、BP300という貧弱なカードを盤面に残して置かなければいけないこと、そしてドローできるタイミングは絶対に召喚した次のターン以降であること。

効果に即効性がないので折角盤面に用意しても《グラビティ》《ボム・ウォール》なんかで破壊されると不発。

そもそも1回ドローしたいだけなら《「導きの戦乙女」ブリジット》でよいですし。

何回も効果を使えたらよいのですが、正直マナフェイズしか効果発動しない時点でそれも難しいと思います。

あまり見かけることはなさそうなカードでしょう。イラストは良いのに・・・

 

アクアコブラ

デミゴッドとシナジーのあるミニオンの1枚。

条件を満たすと《「快楽の奇術師」アズール》っぽくなります。

5コストで利用されているカードは《「駐アグマ大使」モノノベ》《「双星に謳う者」ティルト&ウェルト》《「聖の鼠騎士」ホリィ》《「双の鼠騎士」ツイン》とBP600以下のものが多く、このカードを素のBPで止められるミニオンはいません。

また、《「快楽の奇術師」アズール》よりも色拘束がかなり緩いため、《キマイラ》を採用しないデッキにも入れることができるでしょう。

シナジー効果が発動していなくても5/500/1の潜入なので、普通に運用できます。

【潜入】を積極的に使用するデッキには投入検討されるでしょう。

 

リカオニードル

デミゴッドとシナジーのあるミニオンの1枚で、おそらく最もコストが低いデミゴッドシナジー。

【再起】を持っており、効果発動後のBP/DPの高さを存分に発揮できるデザインとなっているが、そもそも3ターン目にこのカードとデミゴッドを盤面に揃えわせるのは不可能。

このカードも他のカード同様、後半に威力を発揮するカードになるでしょうが、それにしては効果が心もとない。

普通に3/400の再起持ちとして運用しようと思っても、要白2コストが《キマイラ》以外の早期召喚を阻む。

全体的に惜しいと思うカードでした。

 

ガイオ・センチピード

条件を満たすと3/700/2と、《「双の鼠騎士」ツイン》を超える化け物になるカード。

見た目も化け物なのでちょうどいいや

しかし、《リカオニードル》同様このカードを最短で出すことは不可能なため、最速でも先攻4ターン目、後攻なら3ターン目になります。

しかし出てしまえば圧倒的な打点で序盤から相手の盤面を蹂躙できるスタッツ。

そして後半にこのカードが複数枚ワラワラと出てきて(《災厄竜ダスカース》なんかも引き連れて)押し切られる展開もありそうです。

今のところ相棒にするのに最適なデミゴッドは最速召喚できる《「箱を抱く者」パンドリア》だと思いますが、今後のカードプールの広がりに期待が持てるカードの1枚ですね。

まかり間違って2コストのデミゴッドとか登場したら恐ろしいことになりますね・・。

正直、今現時点ではそこまで脅威にはならないと思います。

 

まとめ

  • デミゴッドシナジーのカードは総じて結構優秀
  • 《フレイムカーマン》は赤のデッキでよく見かけそうなミニオンになりそう
  • 《ガイオ・センチピード》は今後に期待大

リリースまであと2日。

脳内でデッキを構築しつつ、首を長くして待ちましょう・・・。

ワンナイト人狼
ワンナイト人狼
¥1,650(2022/09/22 06:11時点)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました