【CentOS7】Teaming + LACP + slow の設定メモ【備忘録】

Linux
スポンサーリンク

 

今までCentOS6しかいじってなかったのでTeamingという概念に苦戦しました。

普通にBondingでいいじゃん、って思ったのですが、なぜかみんなに反対されたのでTeamingの設定をしてみました。

その際の備忘録です。

 

スポンサーリンク

環境

$ uname -a
 Linux localhost 3.10.0-1062.4.1.el7.x86_64 #1 SMP Fri Oct 18 17:15:30 UTC 2019 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

$ cat /etc/redhat-release
 CentOS Linux release 7.7.1908 (Core)

 

設定手順

teamingの設定方法はいろいろあるのですが、今回はnetwork-sctipts配下のコンフィグファイルを直接いじって設定をします。

一番楽だったので・・・

要件

  • LACPによるLAG構成を組む
  • lacp rate はslow
  • 物理線は2本(1Gbps * 2)

 

構成

超適当ですが、em3とem4というNICを使ってチーミングします。

 

設定

カレントディレクトリを移動

# cd /etc/sysconfig/network-scripts
# pwd
 /etc/sysconfig/network-scripts

 

em3,4の設定

# vi ifcfg-em3
----------
 DEVICE=em3
 DEVICETYPE=TeamPort
 BOOTPROTO=none
 ONBOOT=yes
 TEAM_MASTER=team0
 TEAM_PORT_CONFIG='{"prio":100}'
# vi ifcfg-em4
----------
 DEVICE=em4
 DEVICETYPE=TeamPort
 BOOTPROTO=none
 ONBOOT=yes
 TEAM_MASTER=team0
 TEAM_PORT_CONFIG='{"prio":100}'

チーミングするNICの設定です。

これで、em3とem4はteam0というNICのメンバーであると定義しています。

 

team0の設定

# vi ifcfg-team0
----------
 DEVICE=team0
 DEVICETYPE=Team
 BOOTPROTO=none
 ONBOOT=yes
 TEAM_CONFIG='{"device": "team0","runner": {"name": "lacp","active": true,"fast_rate": false,"tx_hash": ["eth", "ipv4", "ipv6"] },"link_watch": {"name": "ethtool"}, "ports": {"em3": {}, "em4": {}}}'
 IPV4_FAILURE_FATAL=no
 IPV6INIT=no
 IPADDR=192.168.1.101
 PREFIX=24

※IPアドレスはダミーです

重要なのは「TEAM_CONFIG」の部分。

今回はLACPなので、runnerの配下に以下の設定を入れていきます。

"name": "lacp"
"active": true
"fast_rate": false
"tx_hash": ["eth", "ipv4", "ipv6"]

nameはlacp。

今回はrateはslowで接続するので、fast_rateはfalseにしています。

これをtrueにしておくと、fast rateの設定になります。

他はサンプルコンフィグと同じ。

 

NWの再起動

# systemctl restart network

いまだにsystemctlに慣れない・・・すぐにserviceってタイプしちゃう・・・

 

確認

# teamdctl team0 state
 setup:
   runner: lacp
 ports:
   em3
     link watches:
       link summary: up
       instance[link_watch_0]:
         name: ethtool
         link: up
         down count: 0
     runner:
       aggregator ID: 4, Selected
       selected: yes
       state: current
   em4
     link watches:
       link summary: up
       instance[link_watch_0]:
         name: ethtool
         link: up
         down count: 0
     runner:
       aggregator ID: 4, Selected
       selected: yes
       state: current
 runner:
   active: yes
   fast rate: no

両方ともLINK UPしていて、aggregator ID が 4 になっていますね。

4になっていたらSlowで設定できています。

 

まとめ

  • やってみたらBondingよりも楽?
  • slowレートにする際はfast_rate : falseにする

調べてもlacp rateをslowにするやり方がなかなか出てこなかったので備忘録として書き記しておきます。

慣れたらBonding組むより楽かもしれんすね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました