【備忘】GCE VMインスタンスを作ってみる

GCP
スポンサーリンク

 

仕事でGCP環境を使ってサービス構築をすることになったので、勉強のため。

なんか色々なことができそうなのですが、まずは一番ベーシックなものであるVMインスタンスを立ててみる。

 

スポンサーリンク

準備するもの

GCPプロジェクト

 

VMインスタンスの作成

メニューから[Compute Engine] -> [VMインスタンス]をクリック

 

[インスタンスを作成]をクリック

 

以下を入力

名前:インスタンス名。サーバの役割とかを考慮して命名

リージョン:インスタンスを設置するリージョン。基本的に東京とかでいいと思うけど、海外でいいなら東京より安いところがある

ゾーン:リージョン内のどこのデータセンターを使うか。リージョン内でさらに区分けされている単位。個人で使うならどこでもよい

シリーズ:なんか色々ありますが基本E2でいいと思う。リソースが変更される

マシンタイプ:どれぐらいのスペックが必要か。今回は勉強がてらなので一番小さいのを選択

 

デフォルトのOSはUbuntu(だったはず)なので、CentOS等を使いたい場合は変更する必要あり。

『ブートディスク』の項目内の[変更]をクリック。

OSやバージョンを選択する。

なお、ブートディスクの種類は「標準永続ディスク」が一番安価とのこと。

 

他にも色々項目がありますが、とりあえず必要最低限これで作成できます。

 

正常に処理が完了すると、VMインスタンスのダッシュボードに作成したインスタンスが表示されるようになります。

 

ユーザーの追加とSSH設定

普通のCentOSでユーザーを追加する場合はuseraddコマンドを使うことになるのですが

GCEはインスタンスに公開鍵を登録するだけでユーザーを作ってくれるようです。

 

キーペアの作成

まずはいつも通り公開鍵と秘密鍵を作成します。

作る場所はどこでも良いですが、基本的にはインスタンスにSSHで接続するためのクライアント上で作るのがいいでしょう。

私は自宅のラズパイからSSHで接続させたかったので、ラズパイで鍵を作成します。

pi@raspi:~ $ ssh-keygen -t ed25519
Enter file in which to save the key (/home/pi/.ssh/id_ed25519):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /home/pi/.ssh/id_ed25519.
Your public key has been saved in /home/pi/.ssh/id_ed25519.pub.
The key fingerprint is:
SHA256:***************************************** pi@raspi-ts01
The key's randomart image is:
+--[ED25519 256]--+
省略
+----[SHA256]-----+

というわけで、「pi」というユーザーでラズパイ上に公開鍵と秘密鍵のペアを作成しました。

今回はed25519で生成しましたが、rsaとかでもいいです。

公開鍵を作成したらcatとかで中身をコピペしておきましょう。

 

インスタンスに公開鍵を設定

VMインスタンスに公開鍵を登録するため、まずは登録したいVMインスタンスの設定を変更します。

設定をするインスタンスをクリック。

 

上部にある[編集]をクリック

 

設定を上から見ていくと、セキュリティの項目にSSH認証鍵を設定する項目があります。

※おそらく最初から何個か設定されているはずです。

[+項目を追加]をクリックすると、新しく入力欄が生成されるので

そこに、先ほど作成してコピペした公開鍵を張り付けましょう。

 

保存して終了します。

 

SSH接続してみる

SSH接続するにはまずインスタンスの外部IPアドレスを調べます。

VMインスタンスのダッシュボードを確認すると、おそらく作成したインスタンスの外部IPアドレスが下図のように表示されると思うので、そのIPアドレスをメモ。

あとはこのIPアドレスに向けてSSHを実行するだけです。

先ほど作成した秘密鍵を使ってログインします。

pi@raspi:~ $ ssh -i .ssh/id_ed25519 [IPアドレス]
Last login: Thu Jun 15 01:05:10 2023 from ****************
[pi@test-server01 ~]$

ログインできたら設定はOKです。

 

また、公開鍵を設定したタイミングで「pi」というユーザーもインスタンスに生成されているため、

piユーザーでインスタンスにログインできることもこちらで確認できます。

 

GCPの教科書
リックテレコム
¥3,960(2024/07/19 08:43時点)
Youtubeチャンネル作成しました!

主にFPSゲームのプレイ動画を投稿しております
良ければ登録よろしくお願いいたします
GCPLinux
スポンサーリンク
vatchをフォローする
ばちブロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました