【Switch Hack】Nintendo Switch 9.0.1にCFW(Kosmos 14.2)を導入してみた(Part2. 導入編)

スポンサーリンク

 

前回、事前準備まで終わらせましたので、今回は実際に導入していきます。

とはいえ、導入はとても簡単。

よほどヘマをしなければブリックすることはないでしょう。

 

準備編はこちら

 

※Nintendo Switchの改造は自己責任でお願いします。

ブリックした、BANされた等の苦情は受け付けませんのであしからず

 

スポンサーリンク

各種ダウンロード

Kosmos v14.2

まずはCFWのオールインパックみたいなものであるKosmosを用意します。

まずは以下にアクセス

AtlasNX/Kosmos
All-in-One CFW Package for the Nintendo Switch - previously SDFilesSwitch - AtlasNX/Kosmos

下の方にダウンロードリンクがあるので、それの「Kosmos-v14.2.zip」をダウンロードしましょう。

 

TegraRcmGUI 2.6

次に、PCからNintendo Switchをいじれるようにするツールをダウンロード。

これを使ってNintendo Switchに対してペイロードを送信します。

ペイロード送信?なにそれ?って方は・・・別に知らなくても大丈夫なので安心しといてください。

 

まずは以下でダウンロードしておきます。

eliboa/TegraRcmGUI
C++ GUI for TegraRcmSmash (Fusée Gelée exploit for Nintendo Switch) - eliboa/TegraRcmGUI

下の方にダウンロードするリンクがあります。

インストーラーバージョンもありますが、まあzipで良いでしょう。

インストールして管理したい人は.msiのファイルをダウンロードしておきましょう。

 

これで必要なものは全てです。

 

Nintendo SwitchとPCの接続準備

ドライバのインストール

先程ダウンロードして、解凍したTegraRcmGUIを実行しますと、以下のようなウィンドウが出てきます。

赤い文字で「NO RCM」と表示されていますが、この時点ではそれが正常なので安心してください。

上の「settings」タブを開くと、以下が表示。

ここの「Install Driver」をクリック

なんかいろいろ出てくるので、全部OKを押しておきましょう。

すぐにインストール完了します。

 

SDカードにKosmosをコピー

次に、CFWであるKosmosをSDカードにコピーします。

Kosmosを解凍すると、中に以下のファイルが存在します。

これをそのままSDカードのルートフォルダへ移動しましょう。

移動できたら、SDカードを取り出して、Nintendo Switchに挿入しておきましょう。

 

これで準備は完了です。

 

ペイロード送信

RCMモードでNintendo Switchを起動

Nintendo SwitchをHackするためには、RCMモードでSwitchを起動する必要があります。

RCMモードとはなんぞや?と思った人はググってください。

RCMモードで起動するためには、Part1で用意した「RCMジグ」を利用する必要があります。

まずは右側のコントローラを取り外して、代わりにRCMジグを取り付けてください。

ちゃんと一番下まで差し込むこと。

 

この状態で、ボリュームの「+」ボタンと電源ボタンを同時に押してください。

画面が暗いまま何も映らなければ成功の可能性大です。

 

Nintendo SwitchをPCに接続

この状態のNintendo Switchを用意したら、ケーブルを使ってPCとNintendo Switchを接続します。

そして、TegraRcmGUIを起動してください。

先程、赤く「NO RCM」と書かれていた部分が緑で「RCM O.K」となっていたら成功です。

 

Hekate 5.0.2をペイロード送信

ダウンロードしたKosmosフォルダの中に、「hekate_ctcaer_5.0.2.bin」というファイルがあると思います。

それをSelect payloadの部分にパスを入力して「Inject payload」をクリック。

普通にフォルダ参照ダイアログから選択しても良いです。

接続しているNintendo Switchに、Hekateの画面が表示されていればペイロード送信成功です。

 

NANDのバックアップ

一番最初にしておくことと言えば、ブリック時に復旧できる(かもしれない)ようにするために、NANDのバックアップをしておくことでしょう。

NANDとは?と言う方はググってください。簡単に言うと、Switchのシステム本体みたいなものです。

 

BOOTのバックアップ

上部のToolsタブをタップします。

 

すると、こんな感じでバックアップやリストアの項目があるので、「Backup eMMC」をタップ。

BOOTとRAW GPPのバックアップボタンがあるので、それらをタップしましょう。

※写真撮るの忘れました・・・

 

BOOTのバックアップは一瞬で終わりますが、RWA GPPのバックアップはだいたい10分~20分ぐらいかかりました。

 

EMUNANDの作成

次にCFWを起動させるために利用するEMUNANDを作成します。

必須ではないのですが、SYSNANDを汚したくない方はEMUNANDを構築しておくことをオススメします。

SYSNAND?EMUNAND?って方はいつも通りググってください。

 

EMUNANDの作成

まずはhomeに戻って「emuMMC」をタップ

 

すると以下のような画面が出力されます。

× Disabled! と表示されていますが、現時点では正常です。

emuMMC Toolsの「Create emuMMC」をタップ。

なんかいろいろ聞かれていますが、どの形式でEMUNANDを作成しますか?というニュアンスです。

今回は「SD File」を選択。

ここら辺の違いは調べたら出てくるのですが、「SD Partition」はSDカード内にパーティションを作成しないといけないらしく、うまくいかなかったのでやめておきました。

性能は「SD Partition」の方が出るらしいのですが、正直CFWで遊ぶことはあまりない(自分の場合は)ので、性能はどっちでも良いでしょう。

バックアップの時と同じような画面が出てきます。

同じように完了するまでに20分ぐらいかかりました。

 

起動するEMUNANDの選択

EMUNANDの作成が終わったら、起動するEMUNANDを選択します。

「Change emuMMC」をタップ

こんな画面が出てきます。

左側は「SD Partition」に作成したEMUNAND、右側が「SD File」に作成したEMUNANDが表示されています。

今回はSD Fileにしか作成していないので、右側に出力されている「emuMCC/SD00」をタップしましょう。

OKをタップ

 

ここまですると、先程Disabledだった部分がEnabled!になっています。

ここまで設定できたら、CFWをEMUNANDで起動する準備は完了です。

 

CFWを起動

CFWを起動します。

まずはHome画面に戻って、「Launch」をタップします。

真ん中の「EMUMMC」をタップ

すると、Kosmosのロゴやらなんやらが表示されて、CFWが起動します。

ちゃんとCFWで起動しているかどうかは、[設定]→[本体]から、「本体の更新」の下にあるバージョンを確認してください。

これが「9.0.1|AMS 0.9.4|E」となっていればOKです。

ちなみに、AMS 0.9.4とは「Atmosphire 0.9.4」のこと、最後にEと書かれているので、EMUNANDで起動していることが分かります。

 

まとめ

  • NANDのバックアップはしっかりと取っておく
  • EMUNANDでの起動

と言うわけで、9.0.1でもHackは可能でした。

導入編はこれでおしまいですが、今後CFWを使って何ができるのか、色々遊んでみて書いていこうと思います。

というか、本当にこいつって何ができるんだろうか・・・

一般的にCFWでできることってROM吸出しとかセーブデータDUMPとかかな・・・

あと、なんかAndroidとか起動できるってYoutubeでも見た気がする・・・

 

参考

ニンテンドースイッチ 改造ガイド

ニンテンドースイッチ 改造ガイド

 

How To Hack Nintendo Switch 9.0.1 Firmware with AtlasNX Kosmos CFW!

 

 

タイトルとURLをコピーしました